弁護士を雇うメリット

交通事故の被害者になった場合、弁護士を雇った方が示談交渉をスムーズに進めることが出来ますが、その具体的なメリットについて解説いたします。何よりも弁護士に相談をすることで適正な示談金を得ることが出来ます。自分が保険会社の担当者を相手にしてしまうと、加害者のペースで示談交渉が進められてしまうのです。交通事故の被害者が受け取る損害賠償金には相場がありますが、一般の方では非常に判断が難しくなってしまいます。交通事故によるケガの度合いはそれぞれであることから、ケースに合わせた損害賠償金額が決められているのです。

基準この相場は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準という3つの基準が設けられており、自賠責基準は最も安い金額に設定されています。そして、任意保険基準とは任意保険によって決められた支払基準で、自賠責基準よりも高額に設定されているのです。そして、弁護士基準は最も高額に設定されています。

一般的な交通事故では保険会社の担当者が示談交渉を進め、保険金の支払いを少しでも少額に抑えようとするのです。そのため、場合によっては最も安い自賠責基準の相場になることも考えられます。しかし、弁護士に相談をすることで弁護士基準に近い金額で示談を進めることが出来るのです。