示談交渉は弁護士に相談

誰もが交通事故の被害者になる可能性があります。そして、交通事故が起こると加害者側は保険会社に連絡をしますので、そこで保険会社の担当者がやって来て交渉を始めるものです。どのような方も示談交渉に慣れていませんので、どうしても担当者に言われるがまま示談書に記名捺印してしまうもの。そして、示談交渉が成立した後に相場よりも安い示談金になってしまうこともあるのです。さらに、示談交渉成立後に後遺症が出てしまったとしても、示談交渉をやり直すことは難しくなってしまいます。そのため、示談交渉は非常に難しいと言えるでしょう。

相談示談交渉を行う保険会社の担当者は交渉を仕事にしているだけでなく、基本的に加害者の味方です。そのため、担当者に言われるがまま交渉が進むことは少なくありません。もちろん、保険会社で働いた経験がある方や交通事故の専門的な知識を持っている方であれば問題ありませんが、そういった方は少ないでしょう。さらに、インターネットや書籍で知識を身につけることは可能ですが、そのような知識で太刀打ち出来るものではありません。

交通事故において加害者本人が示談交渉をすることはありません。保険会社の担当者か弁護士が交渉を進めることが当たり前となっています。このままでは被害者が十分な示談金を得ることは出来ないでしょう。そのため、被害者も弁護士に相談してください。こちらでは弁護士に相談するメリットについてご紹介いたしましょう。