弁護士は安心感がある

交通事故に被害に遭ってしまうと何よりも治療に専念したいものです。そこで自分で示談交渉を進めてしまうと、何かと手間が増えてしまうので治療に専念出来ません。しかし、弁護士に相談をすることで、示談に必要な書類や手続きなどの指示をすべて代行してくれるのです。一般の方は専門的な知識がありませんので、何をするにも調べる必要がありますが、ケガをした状態でそれをすることは非常に難しいでしょう。さらに、一度成立してしまった示談交渉をやり直すことは非常に困難です。そのため、示談交渉は慎重に進めなければなりません。

弁護士また、交通事故被害の規模によっては入院生活になることも考えられますが、そこで収入が途絶えてしまうこともあるのです。これによって生活に困窮することも考えられるでしょう。しかし、弁護士に相談をすることで損害賠償請求が有利になりますので、非常に安心感があるのです。こういった精神的な支えがあることで治療にも専念出来るでしょう。精神的に弱っている状況では加害者側のペースに飲まれてしまうので、十分な損害賠償請求が出来なくなることもあるのです。そのため、交通事故に遭ってしまったらすぐに交通事故に強い弁護士に示談相談をしましょう。

弁護士を雇うメリット

交通事故の被害者になった場合、弁護士を雇った方が示談交渉をスムーズに進めることが出来ますが、その具体的なメリットについて解説いたします。何よりも弁護士に相談をすることで適正な示談金を得ることが出来ます。自分が保険会社の担当者を相手にしてしまうと、加害者のペースで示談交渉が進められてしまうのです。交通事故の被害者が受け取る損害賠償金には相場がありますが、一般の方では非常に判断が難しくなってしまいます。交通事故によるケガの度合いはそれぞれであることから、ケースに合わせた損害賠償金額が決められているのです。

基準この相場は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準という3つの基準が設けられており、自賠責基準は最も安い金額に設定されています。そして、任意保険基準とは任意保険によって決められた支払基準で、自賠責基準よりも高額に設定されているのです。そして、弁護士基準は最も高額に設定されています。

一般的な交通事故では保険会社の担当者が示談交渉を進め、保険金の支払いを少しでも少額に抑えようとするのです。そのため、場合によっては最も安い自賠責基準の相場になることも考えられます。しかし、弁護士に相談をすることで弁護士基準に近い金額で示談を進めることが出来るのです。

示談交渉は弁護士に相談

誰もが交通事故の被害者になる可能性があります。そして、交通事故が起こると加害者側は保険会社に連絡をしますので、そこで保険会社の担当者がやって来て交渉を始めるものです。どのような方も示談交渉に慣れていませんので、どうしても担当者に言われるがまま示談書に記名捺印してしまうもの。そして、示談交渉が成立した後に相場よりも安い示談金になってしまうこともあるのです。さらに、示談交渉成立後に後遺症が出てしまったとしても、示談交渉をやり直すことは難しくなってしまいます。そのため、示談交渉は非常に難しいと言えるでしょう。

相談示談交渉を行う保険会社の担当者は交渉を仕事にしているだけでなく、基本的に加害者の味方です。そのため、担当者に言われるがまま交渉が進むことは少なくありません。もちろん、保険会社で働いた経験がある方や交通事故の専門的な知識を持っている方であれば問題ありませんが、そういった方は少ないでしょう。さらに、インターネットや書籍で知識を身につけることは可能ですが、そのような知識で太刀打ち出来るものではありません。

交通事故において加害者本人が示談交渉をすることはありません。保険会社の担当者か弁護士が交渉を進めることが当たり前となっています。このままでは被害者が十分な示談金を得ることは出来ないでしょう。そのため、被害者も弁護士に相談してください。こちらでは弁護士に相談するメリットについてご紹介いたしましょう。